ココモブログ(株式会社ココモマネジメント)

マネジメントのプロを目指す組織・チーム・プロジェクトに対して、ITの観点から支援するあなたを応援しています。フレームワークだけでなく、感性も大切だと思う方、一緒に新しい挑戦をしましょう。PM(プロジェクトマネジメントやPMP)のプロしか知らない情報やノウハウやマネジメントのプロが持っているマインドをこのブログを通して配信しています。ぜひ、ご活用ください。

カテゴリ: チームビルディング

ココモマネジメントです。

なぜ、ボードゲーム大会を開催するのか???
これをお話したいと思います。

ボードゲーム自体はただのゲームです。
しかし、私の取り扱っているゲームの多くは勝ち負けを決めるゲームではなく、コミュニケーションをとったり、チームワークが大切だったり、自分だけではなくゲームをやる全体を見て考え、行動するボードゲームをピックアップしています。

つまり、ボードゲームによる可能性を遊びや勝負だけではなく、コミュティや社会の形成、コミュニケーションや交渉力など、遊びをとおして、学んでいく、気づいていくことを実践しています。

日本人はとても真面目な民族で勉強も仕事もまじめにやる方が多いです。私も若い頃は勉強に漫画を取り入れたり、ゲームを取り入れたりすることはできませんでした。

しかし、今から思うと遊びから学ぶことはとても多いと考えています。

人生の成長するタイミングは真剣に遊んでいる時とピンチの時だと言う方がおられます。まさにその言葉を借りると、私の取り上げているボードゲームには人を成長させるエッセンスが隠れています。
その宝探しを参加される方と実践していきたいと思っています。

スタイルはセミナーや講習ではありません。振り返りの時間のあるボードゲーム大会です。それだけでも参加されるメンバーによっても違いますし、そこから作られる人と人とのつながりも自分自身の人生を豊かにできるものと信じています。

ぜひ、私の主催するボードゲーム大会に参加頂き、お知り合いの方にもご紹介いただければと思います。同窓会や女子会のような気楽な気持ちで参加されてよいと思っています。

引き続き、ボードゲーム大会は開催していきたいと考えています。一緒に有意義な時間を過ごしましょう。


ボードゲームから気づきを (7つの習慣、アチーバス、キャッシュフロー、モノポリー、カタン、枯山水、人狼、2030sdgsなどなど) に「いいね」押してね!!一緒にボードゲームから始まる学びを楽しみましょう!!


何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  





 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

先日、新たな事業を考えるとして仲間と集まりました。その詳細はともかく、

検討会をした場所なんですが、とあるカメラマンのスタジオを貸して頂くこととなりました。

そこでとても衝撃的な話を聞きました。


カメラマンというと、、、、、 

自分の内面をレンズを通して表現するアーティストというイメージを強く抱いている人は
多いのではないでしょうか?

また、とった写真を素材といい、1枚いくらですか?など聞いてしまう方がほとんどでは
ないでしょうか?


ココモもはじめはそのようなイメージを抱いていました。

ただ、違うんですプロは。。。。

  • その夜、楽しい話が出来ました。
  • プロのカメラマンは、チームで行動します。
  • フロントに広告会社や雑誌社の営業がいます。
  • 何を取るかは、依頼主が何の結果を求めているかで、それを最大限の効果をだす写真を撮ります。
  • 写真のクオリティによっても費用は変わります。iPhoneで取るのかすごいカメラで取ろうが、撮影技術料は取ります。
  • とった写真がどのように使われるか、どのぐらいの期間使うわれるかで、コピーライトが発生します。

彼は知らない人は、素人のカメラマンさんに写真を頼んで、街の現像屋さんで現像することしか知らない。

プロの仕事は知ろうとしらないと、分からない。

普通に考えて見ればわかるような気がしますけど、、、音楽も絵も小説もプロの仕事はライツがかかります。

ココモはその話に盛り上がりつつ、便利さや簡単に手元にプロの道具が手に入る時代の代償かと
思いました。


ココモの友人の床屋をやっている人も職人気質の時代から、サービスや付加価値、イメージを大切に
するような時代になってきている。古くてもいいものはあるが、ダサいであるとか、カッコ悪いとか、
それも時代の変化、人の変化、、、良し悪しはありますが、いいものは残していくべきですね。
好きなモノは高くても買い続けよう!!

いかがでしょうか?


何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  






 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

花粉の飛ぶ季節となりました。ココモは花粉症ではありませんが、暖かくなるに連れ、
外出する機会も増えるので、気をつけて行く所存ですw

今日は、チームビルディングとリーダーの関係についてまとめて行きたいと思います。
決して、リーダーシップとか怪しい言葉は使いません。

#面接の時にリーダーシップがあるとかいうと突っ込まれますしw

チームビルディングをする上でポイントになるところは多くの方が、それぞれの
意見を展開していますし、どれも大切だろうと思いますが、私なりに大切なものを
いくとかピックアップしてました。

  • 問題を見極める
しっかり足元を見つめ、現在の状況を正確に把握すること。
 思い込みだけでなく、複数人に確認し、確度や観点を変え、
 状況を把握することに務める。
 
  • 決断力がある
決断をしっかりとし、一度決めたことの成功に向かって
結果をだす。
 
  • 対話ができる
コミュニケーションの基本は対話であると思います。
多数決で決めるのもおかしな話です。
持ち点を持って得点を加点してもらう方式であればまだましですが、
納得いくまで話すことが大切かと思います。
もちろんその後は実効あるのみ。
 
  • 知識をシェアする
人は教えようとしっとき、教育しようとした時に相手との歪を生む
傾向にあるようです。
「知っていることを教えてやる」ではなくシェアする。一緒に考えていく
という視点が必要です。
#教えるなどはフトトキ

  • 多様なメンバーを集め、長所を見つめる
メンバーはいろんな特徴を持った人を集め、その人達の長所を伸ばしていくことを
前提にチームをまとめていく。モチベーションが大切で、競争させるだけが成長できる
種ではないということですかね。
  • 上から目線はNG
これはNGです。眼と眼を合わせて語り合いましょう。

 
リーダーが「信念」と「目標」をはっきり伝えることが大切で、熱は人に伝わり、
伝染する。わがままだと思われてもいいと思うんです。目標に対して正しいことを
していれば、興味を持ってくれる人も出てくるでしょうし、支援してくれる人も
でてくるでしょう。

また、結果が出れば認められると思います。


何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  





 

ココモマネジメントです。

3月も半ばにきて多くの企業の方が年度末を迎える頃だと思います。
実際、忙しいですよね。
合わせて来期に向けていろいろなことを考えて行く時期でもあるかと
思います。
不安と期待の入り混じった時期だと思います。

今日は成長について考えて行きたいと思います。

自分の成長についてです。

自分の成長でファーストインプレッションで思いつくのは、資格とか自分の職種に
対する勉強という方は多いのではないかと思っています。

確かに必要だと思います。

20年近く仕事をして来た中で「評価を受ける人」 ・「仕事ができるなぁ」って思える人
には傾向があるように感じています。

それは、プライドや成長が「自分に向いているか?」 or 「自分以外に向いているか?」と
いうところです。

ここで自分のプライドで仕事をしている人は成長や人からの評価が得られにくいのでは
ないかという傾向を見受けられます。

二宮金次郎ではないですが、自分が裕福になるために勉強するのではなく、
自分の周りや環境、日本が裕福になるために勉強するのでは、結果が出る時の
爆発力が違うというコトです。

もちろん、自分の幸せ、幸福があっての他人へ目を向けられるというのもわかりますが、
仕事は社会にどれだけ貢献できるか、日本がどれだけ裕福になれるか、誰かの悩みが
解決できるかを考えて行き、実行していくことが最も先に来るべきというのが、
すんなり腹落ち出来た瞬間でも有りました。

新しい年度に向かって、より強く、より優しく、自分のコトを再優先に考えるのではなく
自分の周り、家族、友人、同僚たち、お客様が喜ぶような仕事を積み重ねていきたいと
おもいます。 

いかがでしょうか?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  






 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ