ココモブログ(株式会社ココモマネジメント)

マネジメントのプロを目指す組織・チーム・プロジェクトに対して、ITの観点から支援するあなたを応援しています。フレームワークだけでなく、感性も大切だと思う方、一緒に新しい挑戦をしましょう。PM(プロジェクトマネジメントやPMP)のプロしか知らない情報やノウハウやマネジメントのプロが持っているマインドをこのブログを通して配信しています。ぜひ、ご活用ください。

カテゴリ: 手帳

ココモマネジメントです。

7つの習慣ボードゲーム大会(主催は公認ナビゲーター個人ですが)やりました。

7つの習慣の体験ということで気付きあるボードゲームとなっていますが、このボードゲームで一番の魅力は、交渉にあると言ってもいいぐらい、交渉によりゲームが展開します。

自分のプレイ順以外にも交渉は自由にしていいのです。一部交換できないアイテムもありますが、、、

少人数だと交渉がマンネリ化し、やるメンバーや職業柄でも交渉のやり方が一定になったり、スリリングに展開したり、いきもののように変化があります。

関係が違い人がいるとえげつない交渉をしますし、大変おもしろいこのゲームの醍醐味となります。

それを体験されるだけでも意義あるものとなっています。


詳細は公式サイトがありますので、ご覧いただければと思います。

7つの習慣 ボードゲーム 公式サイト



ご感想はこんな感じでした。

 

この講座は「改めて自分の体験を見直せる講座」でした

こういったボードゲームは初めての参加だったのですが、講師の方のナビゲーションで円滑に進めることができました。 7つの習慣のボードゲームを通して、今まで仕事の中で経験、実践していた事の追体験ができ、自分の成功から周囲との協力、助けあいなどの重要性を改めて考えさせられるいい体験でした。 何度もやりたくなるゲームです。

 

この講座は「初めて起業したときの気持ちを思い出しました。」でした

「これは現実社会では〇〇に該当するのかな?」と考えながらゲームを進めることで、初めて起業したときから今までの経験、思考や感情を潜在意識から引っ張り出せました。このゲームは良く出来ていると思います。 本日のプレイでは、信頼チップが手元にたっぷりある状態になり"要らないもの"扱いされておりましたが、現実社会ではいつ信頼を失う事故が発生するか判らないのでやっぱり必要だろうと思っています。もしかして、そのイベントカードを引いていなかっただけかも?と思っています。 総論として、何度もプレイしていろいろな理論を試してみたいと思いました。 個人的には、3人と3人でチームを作ってライバル企業と言うシチュエーションでもプレイしたいと思いました。 (自分も含めてプレーヤーが慣れてからだと思いますが) 今後ともよろしくお願い致します。



この講座は「『7つの習慣』への理解が深まる講座」でした

和やかな雰囲気で楽しく学べました。おひとりさまでも安心して参加できました。ありがとうございました。

頂いた感想の引用です。 




































IMG_4069

IMG_4067





いかがでしょうか?


尚、7つの習慣ボードゲームはここから買えるよ!!ほしい方はどうぞ!!


何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  


※これはいち個人の活動のご紹介です。ココモマネジメントの事業とは関連はありません。
  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

パーキンソンの法則ってご存じですか?

パーキンソンの法則とは

第1法則: 仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する Work expands so as to fill the time available for its completion.

第2法則: 支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

第3法則: 拡大は複雑化を意味し、組織を腐敗させる

凡俗法則: 組織はどうでもいい物事に対して、不釣り合いなほど重点を置く 

引用元:wikipedia

人は時間とお金をあるだけ使ってしまいます。

それと、その使った時間仮に1ヶ月と1日のクオリティの差を見てもさほど大きく変わらないようです。

生産性を高めるには終わりを決め、短時間でアウトプットを出すことです。

完璧は目指さなくてもいい、まず終わらせろ!!


「ゴール」という本で有名なゴールドラットは「クリティカルチェイン」という本で、ほとんどのプロジェクトは期限の10分の1の時間で完了するはずなのに遅れてしまう、と書いています

出典


夏休みの宿題をコツコツやるのも大切ですが、最後の3日で全力でやっても出来てしまう。
それが一番いい事例だとおもいます。

終わりを決めてやることで効率は上がります。効率が上がれば自然と質も上がることになります。



パーキンソンの法則 (至誠堂選書)


いかがでしょうか?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
     


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

先日、あの有名なフランクリン・コヴィー 7つの習慣 がボードゲームになったということで、

早速体験する機会ができましたので、レポートしたいと思います。

7つの習慣といえば、ビジネスマンであれば一度は読もうとした本だと思っています。

これが良いか悪いかは賛否両論ではありますが、

私も長らくフランクリン・プランナーを愛用しておりますので、良い習慣、自分の将来像、
ミッションなどを実行していくという点では誰しもが必要なスキルと思います。

この要素が詰まった
7つの習慣  成功の鍵 ボードゲームですが、なかなかボードゲームとして
面白いということがわかりました。

自分の引いたミッションをクリアするために、一緒にプレイする人と協力もしくは交渉を
しながらゲームを進めて行きます。なかなかこのミションが難しく、やればやるほど気づきが
多く、また本ではわからなかったことをゲームで体験する。それを振り返り、普段に活かすと
いうことで、一度はプレイしてほしいものとなります。

市場では手にはいらないので、一度こういう会に参加いただく必要があったりしますが、、、
私がそれやった集まってくれますか?

詳細は公式サイトがありますので、ご覧いただければと思います。
7つの習慣 ボードゲーム 公式サイト


IMG_3614
IMG_3616



いかがでしょうか?

尚、7つの習慣ボードゲームはここから買えるよ!!ほしい方はどうぞ!!


何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

過去から積み上げた自分自身を未来へ導く架け橋となるのが手帳だ!!


なかなかいい言葉だと思います。自分でいいのも何だけど。。。

究極、未来で何を生み出すかがなければ、手帳なんて使う価値もないというのが、
もっとも言いたいことですが、これはキツすぎる意見かもしれませんが、、、、

人はどうなりたいかビジョンを持ち、愚直に実行し、時々PDCAを行い、未来へ
いくことができるといいなぁと思います。

その時に手帳を活用し、記録することからはじめ、考えられるようになり、PDCAや
改善をし、目標に近づけていく。

この使い方や考え方を一緒に磨いていきたいとココモマネジメントでは考えています。
セミナー始まったら来てね。


いかがでしょうか?手帳が今まで以上に輝いて見えるようになりませんでした?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  





 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

引き続き手帳について、手帳のあり方について考えて行きたいと思います。

今日は視覚化する手帳

について考えていきたいと思います。

まず、あなたにお聞きしたいのは、手帳に絵は書きますか?
落書きやパラパラ漫画ではないですよ。

手帳に絵や図を書いて視覚化することで10のメリットが考えられます。
  1. 見える。わかる。理解しやすくなる。絵や図は文字の何十倍の情報量がある
     
  2. アイデアをスケッチする
     
  3. 強弱のある記憶
     
  4. 付箋などを使ってみんなの意見を構造化する。(写真撮って貼っつけておけば、立派なメモです。)
     
  5. あなたと私、ユーザと自社、いろいろな人の関係性がわかりやすくなる
     
  6. コミュニケーションを活性化させる(指で示したり、表現について語ったり)
     
  7. その時の感情やパッションまで表現可能
     
  8. いち早く共有・発信しやすい
     
  9. アイデアの記録からアイデアの創出までレベルアップ可能(ファシリテーションへのきっかけ)
     
  10. 文字よりはるかにわかりやすい

これから手帳にどんどんイラストや写真、付箋の貼り付け、新聞や雑誌の切り抜きなども
使って考える力を磨いて行きたいですね。正しい努力をすれば、未来は開けると思います。


こんなこと考えて実践して行きたいです。

こういったされど手帳という「モノ」から「コト」へをテーマに手帳を活用していくポイントを
今回行うセミナーでは手がけて行きたいと思います。皆さん、ぜひ案内出しますので、ご参加ください。

3つのポイントはそのセミナーでご披露したいと思います。



何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  




 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

今日も引き続き手帳について、手帳のあり方について考えて行きたいと思います。

手帳を未来形で使う術としてビジョンについて考えて行きたいと思います。


手帳を未来の改善に使っていくには、
あなた自身のビジョンやミッションステートメントが必要不可欠になります。
それ自体はかなり大きな、当分先の将来像でいいかと思います。

自分史を書くことをイメージして、死ぬ間際に自分の人生を振り返った時に
どんな人生だったら良いかを真剣に考えてみてください。

そこで現れるビジョンから大目標、それを実現する為のTODOやプロジェクト、
タスクに落としていく感じとなります。

実際は、月間目標、週間目標、日々のタスクに落としていくことになりますが、
楽しく出来ないと続かないので、実行方法は正しい努力ができる内容にすることを
お薦めします。

考える週間はあなた自身の人生においての大きなビジョンが必要だと思います。
フローに落とすとこんな感じです。



ビジョン/ミッションステートメント
目標
TODO/ プロジェクト
月間
週間
日々のタスク


これをどんどん楽しんで、実行し、改善して、できればどんどん発信してください。

そうすると学びもフィードバックもあると思います。まずは心の底から信じること!!



こんなこと考えて実践して行きたいです。

こういったされど手帳という「モノ」から「コト」へをテーマに手帳を活用していくポイントを
今回行うセミナーでは手がけて行きたいと思います。皆さん、ぜひ案内出しますので、ご参加ください。

3つのポイントはそのセミナーでご披露したいと思います。



何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  




 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

今日も手帳について、手帳のあり方について考えて行きたいと思います。

手帳は、スケジュールを書いたり、メモを書いたり、日記にしたり、、、、


未来から過去へと時間の流れるツール。。。。。


一般的な使い方はそうだと思います。

人は未来から流れている時間を現在(今)という瞬間ですべて終わっています。
過去は過去であって、自分の解釈次第でどうとでもなります。

手帳も過去のログを取る時代から、未来を見つめ、未来の自分を改善するツールとして
使っていくことが、大切だと思います。



「未来から過去へと時間の流れるツール」から
「未来の自分や出来事を作り、改善していくツール」

それが2016年の手帳のスタンダードになるようにセミナーを開いていきたいとおもいます。
つまりこういう習慣をつけて行きたいです。


未来への手帳モデル


書く習慣  
時間を管理する習慣  
プライオリティをつける習慣  
PDCAを実行する習慣
考える習慣
未来をデザインする習慣


こんなこと考えて実践して行きたいです。

こういったされど手帳という「モノ」から「コト」へをテーマに手帳を活用していくポイントを
今回行うセミナーでは手がけて行きたいと思います。皆さん、ぜひ案内出しますので、ご参加ください。

3つのポイントはそのセミナーでご披露したいと思います。



何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

今日は新しいココモマネジメントの取り組みを発表したいと思います。

3月になり別れの季節、そして新たな旅立ちの季節となりました。
私も遠く故郷を離れ、旅だったあの時の不安と期待を今でもはっきりと覚えています。

WEBコンサルティングとプロジェクトマネジメント支援を中心にココモマネジメントでは
事業を展開して来ました。


その中で「WEB」でいう「ライティングの効果」

「プロジェクトマネジメント」
でいう「スコープ、計画のテクニックや考え方」

そして私がコンサルタントとして年間200件程度にも及ぶ案件を回して来た経験から



手帳の使い方講座を展開して行きたいと準備を進めております。

手帳と言っても幾つかの使い方、アナログ派、デジタル派など多くの利用シーンやこだわりがあります。
例を上げてみても

  • プライペート or ビジネス?
  • 大きさ、質量、手触り
  • 予定の記入、スケジュール管理中心
  • ToDo、タスクの管理もしたい
  • 記憶、メモなど
  • 日記、ダイアリーなど
  • 破って使う(紙飛行機をおる、友達にメモを回す)
  • 昔は電話帳なんかにも使っていましたw

代表的なことを書きましたが、他にもいろいろあると思います。

ここの中から、ToDoなどはプライオリティをつけたり、そもそものVisonを纏めたりすることにも使えますし、
週間や月間の目標をチェックしていく機能として利用することも出来ます。

また、名刺を忍ばしたり、領収書、宝くじなど大事なものを挟んでいる人もいるようです。

アナログ派とデジタル派でも大きく別れるところもあります。

デジタル系ですと、
いまは無料のWEBツールがいくつもありますので、それを活用し、いろいろな管理をしている
人も多くみえると思います。


こういったされど手帳という「モノ」から「コト」へをテーマに手帳を活用していくポイントを
今回行うセミナーでは手がけて行きたいと思います。皆さん、ぜひ案内出しますので、ご参加ください。

3つのポイントはそのセミナーでご披露したいと思います。



何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ