ココモブログ(株式会社ココモマネジメント)

マネジメントのプロを目指す組織・チーム・プロジェクトに対して、ITの観点から支援するあなたを応援しています。フレームワークだけでなく、感性も大切だと思う方、一緒に新しい挑戦をしましょう。PM(プロジェクトマネジメントやPMP)のプロしか知らない情報やノウハウやマネジメントのプロが持っているマインドをこのブログを通して配信しています。ぜひ、ご活用ください。

カテゴリ: ライティング

ココモマネジメントです。

書いている今日はとても暖かく春が過ぎ、初夏ですか???というような
感じです。

どんどん熱く盛り上がっていきますね2016年

さて、今日は、
Lightning Talk (ライトニングトーク)略してLTのコツについて話して行きたいと思います。


ライトニングトークの利点というと短く、カジュアルに聞けるトークといったところでしょうか。「PREP法」や「SDS法」といったオーソドックスなフレームワークを使ってもいいですが、今日はオリジナルで考えて行きたいと思います。


構成

基本的なラインナップ
・自己紹介
・トーク内容の概要
・なぜこれを話すのか
・どんな問題があるのか
・どう解決したのか
・デモ
・結論

しっかり構成と台本を作ることです。
何を伝えたいか、「最も伝えたい言葉」がポイントです。
後は、そのポイントに肉付けしていきます。
喜怒哀楽的なエピソードを。。。。

ウケに走ると、、、
・面白い画像や動画を利用
・新鮮な話題
・くだらないことを追求
・情熱感を持って話す
・馬鹿をやる
・シンプルで攻める
・時事ネタを織り交ぜながら
・ハプニングを演出


LTだけではないですが、「核」となる部分が必要です。
一番伝えたいことですね。

いかがでしょうか?


 


何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

過去から積み上げた自分自身を未来へ導く架け橋となるのが手帳だ!!


なかなかいい言葉だと思います。自分でいいのも何だけど。。。

究極、未来で何を生み出すかがなければ、手帳なんて使う価値もないというのが、
もっとも言いたいことですが、これはキツすぎる意見かもしれませんが、、、、

人はどうなりたいかビジョンを持ち、愚直に実行し、時々PDCAを行い、未来へ
いくことができるといいなぁと思います。

その時に手帳を活用し、記録することからはじめ、考えられるようになり、PDCAや
改善をし、目標に近づけていく。

この使い方や考え方を一緒に磨いていきたいとココモマネジメントでは考えています。
セミナー始まったら来てね。


いかがでしょうか?手帳が今まで以上に輝いて見えるようになりませんでした?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  





 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

引き続き手帳について、手帳のあり方について考えて行きたいと思います。

今日は視覚化する手帳

について考えていきたいと思います。

まず、あなたにお聞きしたいのは、手帳に絵は書きますか?
落書きやパラパラ漫画ではないですよ。

手帳に絵や図を書いて視覚化することで10のメリットが考えられます。
  1. 見える。わかる。理解しやすくなる。絵や図は文字の何十倍の情報量がある
     
  2. アイデアをスケッチする
     
  3. 強弱のある記憶
     
  4. 付箋などを使ってみんなの意見を構造化する。(写真撮って貼っつけておけば、立派なメモです。)
     
  5. あなたと私、ユーザと自社、いろいろな人の関係性がわかりやすくなる
     
  6. コミュニケーションを活性化させる(指で示したり、表現について語ったり)
     
  7. その時の感情やパッションまで表現可能
     
  8. いち早く共有・発信しやすい
     
  9. アイデアの記録からアイデアの創出までレベルアップ可能(ファシリテーションへのきっかけ)
     
  10. 文字よりはるかにわかりやすい

これから手帳にどんどんイラストや写真、付箋の貼り付け、新聞や雑誌の切り抜きなども
使って考える力を磨いて行きたいですね。正しい努力をすれば、未来は開けると思います。


こんなこと考えて実践して行きたいです。

こういったされど手帳という「モノ」から「コト」へをテーマに手帳を活用していくポイントを
今回行うセミナーでは手がけて行きたいと思います。皆さん、ぜひ案内出しますので、ご参加ください。

3つのポイントはそのセミナーでご披露したいと思います。



何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  




 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

今日も引き続き手帳について、手帳のあり方について考えて行きたいと思います。

手帳を未来形で使う術としてビジョンについて考えて行きたいと思います。


手帳を未来の改善に使っていくには、
あなた自身のビジョンやミッションステートメントが必要不可欠になります。
それ自体はかなり大きな、当分先の将来像でいいかと思います。

自分史を書くことをイメージして、死ぬ間際に自分の人生を振り返った時に
どんな人生だったら良いかを真剣に考えてみてください。

そこで現れるビジョンから大目標、それを実現する為のTODOやプロジェクト、
タスクに落としていく感じとなります。

実際は、月間目標、週間目標、日々のタスクに落としていくことになりますが、
楽しく出来ないと続かないので、実行方法は正しい努力ができる内容にすることを
お薦めします。

考える週間はあなた自身の人生においての大きなビジョンが必要だと思います。
フローに落とすとこんな感じです。



ビジョン/ミッションステートメント
目標
TODO/ プロジェクト
月間
週間
日々のタスク


これをどんどん楽しんで、実行し、改善して、できればどんどん発信してください。

そうすると学びもフィードバックもあると思います。まずは心の底から信じること!!



こんなこと考えて実践して行きたいです。

こういったされど手帳という「モノ」から「コト」へをテーマに手帳を活用していくポイントを
今回行うセミナーでは手がけて行きたいと思います。皆さん、ぜひ案内出しますので、ご参加ください。

3つのポイントはそのセミナーでご披露したいと思います。



何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  




 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

今日も手帳について、手帳のあり方について考えて行きたいと思います。

手帳は、スケジュールを書いたり、メモを書いたり、日記にしたり、、、、


未来から過去へと時間の流れるツール。。。。。


一般的な使い方はそうだと思います。

人は未来から流れている時間を現在(今)という瞬間ですべて終わっています。
過去は過去であって、自分の解釈次第でどうとでもなります。

手帳も過去のログを取る時代から、未来を見つめ、未来の自分を改善するツールとして
使っていくことが、大切だと思います。



「未来から過去へと時間の流れるツール」から
「未来の自分や出来事を作り、改善していくツール」

それが2016年の手帳のスタンダードになるようにセミナーを開いていきたいとおもいます。
つまりこういう習慣をつけて行きたいです。


未来への手帳モデル


書く習慣  
時間を管理する習慣  
プライオリティをつける習慣  
PDCAを実行する習慣
考える習慣
未来をデザインする習慣


こんなこと考えて実践して行きたいです。

こういったされど手帳という「モノ」から「コト」へをテーマに手帳を活用していくポイントを
今回行うセミナーでは手がけて行きたいと思います。皆さん、ぜひ案内出しますので、ご参加ください。

3つのポイントはそのセミナーでご披露したいと思います。



何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

今日は新しいココモマネジメントの取り組みを発表したいと思います。

3月になり別れの季節、そして新たな旅立ちの季節となりました。
私も遠く故郷を離れ、旅だったあの時の不安と期待を今でもはっきりと覚えています。

WEBコンサルティングとプロジェクトマネジメント支援を中心にココモマネジメントでは
事業を展開して来ました。


その中で「WEB」でいう「ライティングの効果」

「プロジェクトマネジメント」
でいう「スコープ、計画のテクニックや考え方」

そして私がコンサルタントとして年間200件程度にも及ぶ案件を回して来た経験から



手帳の使い方講座を展開して行きたいと準備を進めております。

手帳と言っても幾つかの使い方、アナログ派、デジタル派など多くの利用シーンやこだわりがあります。
例を上げてみても

  • プライペート or ビジネス?
  • 大きさ、質量、手触り
  • 予定の記入、スケジュール管理中心
  • ToDo、タスクの管理もしたい
  • 記憶、メモなど
  • 日記、ダイアリーなど
  • 破って使う(紙飛行機をおる、友達にメモを回す)
  • 昔は電話帳なんかにも使っていましたw

代表的なことを書きましたが、他にもいろいろあると思います。

ここの中から、ToDoなどはプライオリティをつけたり、そもそものVisonを纏めたりすることにも使えますし、
週間や月間の目標をチェックしていく機能として利用することも出来ます。

また、名刺を忍ばしたり、領収書、宝くじなど大事なものを挟んでいる人もいるようです。

アナログ派とデジタル派でも大きく別れるところもあります。

デジタル系ですと、
いまは無料のWEBツールがいくつもありますので、それを活用し、いろいろな管理をしている
人も多くみえると思います。


こういったされど手帳という「モノ」から「コト」へをテーマに手帳を活用していくポイントを
今回行うセミナーでは手がけて行きたいと思います。皆さん、ぜひ案内出しますので、ご参加ください。

3つのポイントはそのセミナーでご披露したいと思います。



何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

こんにちは。3月に入り新たな旅立ちやこれからの変化への期待や不安の中におられることとおおいますが、
いかがでしょうか?

ココモはいつも未来志向、、、変化の早い心の変化と向き合っていますw

さて、
本日は記事の内容について話して行きたいと思います。

記事の内容でよく面白い出来事やレポートなど、過去に起こったことをまとめている記事をよく見受けられます。
それはそれで良いと思いますが、

記事を書く上でまとめ部分などで、これからの期待ある未来について


記事をまとめていただけると良いというご意見を頂きました。


確かにそうだと思います。

よく歌や映画、ドラマでもそういうエンディングあると思います。

  • 失恋したけど、今日は青空の中へ飛び込もう。一歩を踏み出そうとか。
  • 映画銀河鉄道999のエンディングでメーテルと哲郎が別れを告げる時、GODIEGOのあの希望ある曲が流れたりとか。
  • 最後のボスを倒したと思ったら、裏の世界が出来、新たなもっと強いボスが出てきたり、、、、、(これはちがうでしょw)
いくつかあると思いますが、やはりブログを読んでいただいて、読んだ方の元気や行動ややる気に繋がるのが良いと思いますので、記事の内容も未来形で行きましょう。

いかがでしょうか?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  




 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

文章ってどうしたらうまくなるんですかね?
文章力はビジネスにおいて、最も重要でお金になるスキルです。昔、怖い上司に耳がタコになるほどいわれました。 

例えば、ブログ一つとっても書き方や伝え方で読む方は惹きつけられたり、離れていったり、それはまるで波のように、気持ちが寄せて返すものだとおもいます。

更に考えていくと、説明するとき、メールで想いを伝えるとき、ビジネスにおいて正しく文章を残すとき、場面によってその記載方法は異なります。

私の例ですが、
思い返せば、若い時はあまり考えてなかったなぁっということです。

そして、こうやって培って来た文章力によって、ビジネスにおける様々な面で得をしていることを実感している。そこで本日は、私が実際に使っている文章テクニックを3つをご紹介します。

プロの文章に限りなく近くなること必達なので、あたなもどんどん活用してください。


1.反応率の高いタイトルの傾向は何だ!!

何が一番大切かというのは、以前にもブログに書きましたが、タイトルです。
タイトルをみて8割以上の閲覧者が内容を読むか決めています。 

反応率の高いタイトルの3つの型

a.「得」になる:これは最も安定して効果を見こめると思います。相手の立場になってベネフィットを伝えるようにしましょう。

b. ニュースやイベントに便乗:ニュース性が高いタイトルや有名なイベントに関連したものも読者の興味を惹きやすいです。

c. 好奇心をそそる:ここは難しいところですが、人の趣味や大切にしていることにフィットした時に爆発的な効果があります。
あなたがタイトルをつける時は、この3つのことをベースにオリジナリティあふれる言葉を紡いで頂きたいと思います。


2.書き出しを良くすることと小さな共通項を積み上げていく

タイトルの次に重要なのが、出だしの文章です。読み出しで3行読んでしまえば、だいたい最後まで読んでもらえるでしょう。
そのつかみとして書き出しは大切です。

書き出しで効果が出る方法として考えられるのが、意表をつく書き出しに限ると思います。

幾つか例を挙げると

例1)
普通:今日は雨が降ってとても寒い日だね。
意表:冷たい雨がポツリと頭に!!今日って今年一番寒い日?スマホで今日の気温を確認したら、2℃だった。

例2)
普通:祝!!バレンタインデーのチョコ14個もらった
意表:かばんに入らないほどのチョコ、、、どうももって帰ろうか?今日はバレンタインデー。とても良い日だった。こんなにチョコもらったら、お返し大変だなぁ。

幾つかあつと思いますが、意表をつく、面白い書き出しを見つけてください。


もう一つ小さな共通項を積み重ねるですが、文章を構成する上で、納得感が非常に大切と考えています。

AはBだね。
BはCだね。
AはCだね。

みたいな小さなYesを組み合わせていくことで、ユーザに安心感や納得感を得られる内容にしていっていきましょう。


3.2つの文章チャックの方法で完成度をUPさせる

文章を書いたら、必ず文章をチェックする癖を付けてるようにしましょう。文章チェックをしていく上でのとても効率的な方法は以下の2つです。

a. 書いた文章の量を半分ぐらいを目指して凝縮する。

b. 自分以外の人にチェックをしてもらう。

はじめから良い文章を書こうとせず、少しづつ思いのまま言葉を書き出し、ライティングを向上させる方法を参考にコンパクトに止めていく方法が継続する上でも良いように思います。

いかがでしょうか?いろいろ奥深いですね。良い文章を書くのではなく、良いパターンを研究して、パターンを複数持つやり方が良いようにおもます。


何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
   
20160208_095046_534
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote


ココモマネジメントです。

日々、人は感情に埋もれながら生きています。結構これが面倒でありつつ、WEBページのPV数を上げるには効果があると考えています。

大きく分類すと「驚きや関心」、「怒り」、「悲しみ」、「同情や情け」などがあると思います。
病気や悲しい事件はシェアされることが多いですし、関心を生むコンテンツとなります。
後は、芸能人のスキャンダルや悲しい事件、電車やお店でのマナー、恋愛の話(特に別れ)、
幾つか感情を掻き立てるコンテンツはどんどんブログや専門サイト、SNSを経由して
拡散していきます。

ソーシャルシェアをたくさん得るコンテンツを作りたいのであれば、読者の感情を揺さぶるべきです。読者に”すごい!”と感じさせるコンテンツはシェアを生みだします。

「昨日、ものすごくおったまげたことがありました。」
「友だちに聞いたことですが、すぐにブックマークに登録したので、教えたくて・・・」

など、驚きや心の動きをお伝えすることが良いように思います。

後はその驚きなどの感情を説明し、閲覧者に対し、メリットのある内容にまとめるかですね。
この辺りもどこかで話したいと思います。


いかがでしょうか?

これを地道にやって頂ければ、あなたの目標も一段と洗練されるかと思います。何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  





感情によるコンテンツシェアは効果があるというレポートです。ご参考まで。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

こんばんわ。いつもココモマネジメントをありがとうございます。

WEBマーケティングの考えを中心にテクニックだけではない方法であなたのWEBページをもっと良くすることを日々考えています。

今日は「WEBサイトで信頼を得る6つの方法」ということを考えていこうと思います。

よく良い商品をもっているんだけど、売れませんとか解ってもらえませんという話を聞きます。
確かに良い商品の場合もあるでしょうし、自己満足の場合もあるとは思いますが、簡単に
WEBで紹介して売れるものではありません。

一般的にWEBで商品が売れる重要なポイントは、魅力あるコンテンツをどのようにマーケティングして、
商品をセールス(売って)していくかというところになります。


言ってみれば、

・セールス(どうやって、商品を魅力的に伝え、購買力を上げていくか?)

・マーケティング(どのように売れる市場を見つけ、見込み客を集めるか?)

・コンテンツ(どうすれば、「今、欲しい!!(クリック)」と思わせられるか?) 

これらを組み合わせて訴求力を高めて行きます。

その中で信頼性というのが大きなポイントとなります。
信頼とは、何処から来て何処へ行くのか?それを考えていくと以下のようになるかと思います。
  1. 身近に感じられるベネフィットの提示、効果
  2. 生の成功事例
  3. あなたの業界での経験年数、実績
  4. 社会的に信頼性のある企業や人々と一緒に仕事をした経験や対談、記事
  5. セミナーやカンファレンスなどのスピーチ経験、動画など
  6. 表彰された経歴

いかがでしょうか?

あなたにできるところから1歩を歩き始め、歩き続けることが大切と思います。
みなさんの生の意見が聞きたいといつも思っています。ご意見お待ちしています。

 
何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFacebookのココモマネジメント(ココモブログ(株式会社ココモマネジメント))まで

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ