ココモブログ(株式会社ココモマネジメント)

マネジメントのプロを目指す組織・チーム・プロジェクトに対して、ITの観点から支援するあなたを応援しています。フレームワークだけでなく、感性も大切だと思う方、一緒に新しい挑戦をしましょう。PM(プロジェクトマネジメントやPMP)のプロしか知らない情報やノウハウやマネジメントのプロが持っているマインドをこのブログを通して配信しています。ぜひ、ご活用ください。

カテゴリ: WEBコンサルティング

ココモマネジメントです。

ITコンサルについて幾つか質問がありましたので、ここでまとめておきたいと思います。

ITコンサルというと「ビジネスとITとを結び透けることで新たな価値を想像する」という言葉に落とし込めるかと思います。

ただ、この言葉の示している幅はとても広く、1人でやるには相当な知識と経験が必要となります。

そこでITコンサルには、ビジネスとITでそれぞれの得意分野が必要になってくると思います。
そのベースには、コミュニケーション能力やファシリテーション能力、ロジカルシンキングなど、話を聞いて問題解決を想像する力が必要と思います。

これらの「強み」を持ってさえすれば、法人、個人に問わず、ITコンサルは今日からできると思っています。
少し言い過ぎ感はありますが、自分の強みにを活かし、顧客視点、顧客のバリューを追求していくことがとても大切に思います。

また、普段から自分のやっている業務がどう周りに影響しているのか、要素技術や根本的な考えは何のかと追求していくことと、それを体系化し、わかりやすく説明できる(エレベーターピッチで)ができるといいかと思います。

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  








 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

WEB事業も一旦、総まとめということで、CSS設計に必要な考えをまとめておきたいと思います。
今後は、WEB制作の現場で活用できるプロジェクトマネジメント標準化への取り組みで、この分野に貢献していきたいと思います。 


さて、良いCSS設計にするための大方針として、
Googleのエンジニア:フリップ・ウォルトン氏(@philwalton)より、次のことを気を付けてCSSを設計するようにという意見が出ています。
  • 予測しやすい
  • 再利用しやすい
  • 保守しやすい
  • 拡張しやすい

ごもっともな内容ですので、特に触れなくてもいいとは思います。

CSSを使うときには、設計及びルールが必要です。また、そのベースとなる考え方、フレームワークもいくつかあります。


よくないCSSの利用として挙げられるのが、次です。

  • クラス定義を一旦終えてから、ある特定のケースのためだけにクラス定義を変更すること

  • 複雑なセレクタの利用 
     
  • 一般的なクラス名は重複しやすい
  • 1つのツールにまとめすぎない。細分化されていない。

コンポーネント設計の概念的なもので
CSS設計に利用できます。


1.OOCSS(Object Oriented CSS)

オブジェクト指向のスタイルシートのこと。

【特徴】
・パフォーマンス
・再利用性
・メンテナンス性


OOCSSが発表されたときは、CSSの実装について以下のような問題を抱えていたようです。

  • 各ページごとに固有のCSSが存在
     
  • IDセレクタを用いて再利用性がない
     
  • サイト運用するとCSSがどんどん肥大化
     
  • 他サイトへの転用が難しい(設計思想がなかった)

OOCSSはこの2つの考えがベースになっています。
  • Separate structure and skin(構造と見た目の分離)
     
  • Separate container and content(コンテナと内容の分離)



2.BEM(ベム)

Block、Element、Modifierの略称で、CSSの構成をこの3つにカテゴライズし、カテゴリにそったクラス名をつける方法。
 
【特徴】 
・メンテナンス性
・チームのスケーラビリティ
・再利用性

クラス名は「_」を含め、長くなる傾向にあります。
  • Block: 各パーツ(ヘッダー・フッター・コンテンツエリア・サイドバーなど)のもとになる部分。
  • Element: Blockの構成要素で、Block名の後にクラス名を含める。
  • Modifier: 基本のレイアウトは一緒だが、見た目や動きをつけたい場合に利用。
                    クラス名には、Block名の後に名前(name)と値(value)をつける。


3.SMACSS(スマックス)

Scalable and Modular Architecture for CSSの略称。

【特徴】 
・コードの軽量化
・メンテナンス性
・チームのスケーラビリティ

基本的な概念はBEMと同じで、CSSの構成を5つのカテゴリに分ける。
(ベース・レイアウト・モジュール・状態・テーマ)

  • ベース
サイト全体でデフォルトスタイルを定義
もしくは、CSSリセットもベースルールに含まれる。
IDやクラスは使わず、要素自体にスタイルを割り当てる。

  • レイアウト
ヘッダー・フッター・コンテンツエリア・サイドバーなど大枠の構成に対してのルール。
IDを使って指定するのもあり。
ページのエリア分けることが望ましい。
 
クラス名の接頭辞に「layout-*」をつけることを推奨

  • モジュール
レイアウト以外の構成要素は大体モジュールとして捉える。(ボタン・見出し等)
「module-*」をつけることを推奨

  • 状態
モジュールの状態を表すルール
クラス名の接頭辞に「is-*」をつけることを推奨

  • テーマ
テーマを切り替える機能が必要な場合のみ利用
クラス名の接頭辞に「theme-*」をつけることを推奨

カテゴライズが多くなる傾向ではあるが、長いクラス名はなくなります。


いかがでしょうか?


何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  






 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

インフルエンザって流行ってる???みたいですね。気をつけないと、、、

ということで今日はプロジェクトマネジメント活動のお知らせです。
たまには仕事している姿をみせないと。。。

米国PMI®認定 PMP® を持っているココモマネジメントのメンバーが、
株式会社ロフトワーク (Loftwork Inc.)さん主催の
Webプロジェクトマネジメント標準 OPEN “VERSION UP” PROJECT」という、
WEB製作の世界におけるプロジェクト標準化のガイドラインを作っていく活動に
参加しています。


それぞれの現場で試行錯誤する中で、
PM(プロジェクトマネジメント/プロジェクトマネージャー)の
重要性に共感するみなさんと議論し、知識を結集して、
より実践的な『Webプロジェクトマネジメント標準』の「次期バージョン」を
生み出すためのプロジェクトです(関連サイトより)。

多くの素晴らしく個性的な参加者と楽しく、充実した時間を過ごせました。
これから本格的に活動です。


活動の風景です。

IMG_3250

IMG_3247

IMG_3250


何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  

ココモマネジメントです。

こんにちは。3月に入り新たな旅立ちやこれからの変化への期待や不安の中におられることとおおいますが、
いかがでしょうか?

ココモはいつも未来志向、、、変化の早い心の変化と向き合っていますw

さて、
本日は記事の内容について話して行きたいと思います。

記事の内容でよく面白い出来事やレポートなど、過去に起こったことをまとめている記事をよく見受けられます。
それはそれで良いと思いますが、

記事を書く上でまとめ部分などで、これからの期待ある未来について


記事をまとめていただけると良いというご意見を頂きました。


確かにそうだと思います。

よく歌や映画、ドラマでもそういうエンディングあると思います。

  • 失恋したけど、今日は青空の中へ飛び込もう。一歩を踏み出そうとか。
  • 映画銀河鉄道999のエンディングでメーテルと哲郎が別れを告げる時、GODIEGOのあの希望ある曲が流れたりとか。
  • 最後のボスを倒したと思ったら、裏の世界が出来、新たなもっと強いボスが出てきたり、、、、、(これはちがうでしょw)
いくつかあると思いますが、やはりブログを読んでいただいて、読んだ方の元気や行動ややる気に繋がるのが良いと思いますので、記事の内容も未来形で行きましょう。

いかがでしょうか?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  




 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

いつもご愛読頂きありがとうございます。
あなたの人生が自由で有意義に感じられるように、
そのきっかけを作れるようなコンテンツを配信して行きたいと思います。
引き続きよろしくお願いします。



WEBコンサルをやっていて、いろいろな情報を整理して情報発信していますが、何が成功で、何がアタリなのかははっきり言ってわかりません。


でも、一つわかっていることがあります。それはあなたがもっている楽しいこと、かなしかったこと、ときめいたこと、たいせつにしていることを自分の言葉にすることは、オリジナリティにあふれていますし、とても価値のあることと思っています。それはココモも同じです。

それらをニーズや差別化だろうとおもうポイントやキーワード、人の心の変化に届くような心配りなど、めまぐるしく変わるコンテンツを見てくれている方へ全身全霊で届くようにと・・・・。

それを継続して行けば、面倒なことも乗り越えてイケるだろうし、毎日が楽しく、空の色も確認しながら、外を歩けると思います。

これからあなたらしい輝きを堂々と伝えてみてください。新しい人生がスタートしていくことと思います。

いかがでしょうか?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで   


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

久しぶりのSEO関連の投稿かもしれません。
 
昨今のGoogleのトレンドは、サイトを『ドメイン』単位で評価する傾向にあるようです。

ドメイン単位で評価されるということは、サイト全体で対策を行う必要があるということです。ターゲットページ以外のページを内部対策するということと同意です。

ドメイン単位の内部対策ポイントは以下があげられると思います。
  • タイトルの重複がないか
  • コンテンツの重複がないか
  • 内部リンク切れていないか
  • 内部リンクが一部に偏っていないか
  • シンプルな構造になっているか
  • 見やすいデザインで構成されているか

誠実にコンテンツを作ることが、ドメイン単位でのSEO対策では求められていると言っても過言ではありません。

Google関係者が言及する2016年に取り組むべきSEO対策の1つに「高品質コンテンツ」が紹介されてました。


◎2016年に取り組むべき対策
  • AMP(Accelerated Mobile Pages)
  • モバイフレンドリー
  • JavaScript
  • 高品質コンテンツ
  • ユーザー体験
プラスして
  • SSL対応

今年はモバイルの高速化とSSLへの対応がキモそうです。

いかがでしょうか?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
   

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

今までWEBライディング関連、SEO関連を中心にココモブログを展開してきました。
もちろん、それらは必要な要素で、何が当たるかわからない、鉄板法則のないこの頃では、
多くのオリジナルコンテンツを世に出していくことが非常に大切なことは変わりません。


ここで上がったオリジナルなコンテンツという部分ですが、マーケティングではポジショニング、
よくビジネスの中では差別化、バリューなどといいます。



このポジショニングや差別化という部分がとても大切になってきます。
もう一つ大切なのが実績を見せる、客の生の声を伝えるですが、これはまた後日話します。


ポジショニングや差別化、、、もっと簡単に言うと自分の持っている価値、人より勝るところはなんだろうか?
それを見つける、もしくは修練することにより、コンテンツの質やユーザも自然とついてくるように思います。

例をあげると
・自分は子供の頃から体が弱く、薬や体調管理のことに少し詳しい。

・小さい頃から音楽をやっていて、民族楽器が好き。民族楽器や誰も知らない国の文化に詳しい。

・世界中を旅している。その国のジャンクな食べ物に詳しい。



探していくと幾つかあがると思います。ないと思われる方も絶対あります。
もしかしたら、自分のやっている仕事は、自分ではわからないですが結構プロフェッショナルな場合が
多いです。

そういった知識と何か(流行っていることや読んだ本とか起こった出来事)とシナジーを発生させ、
ユーザ目線でコンテンツを発信していく。これが大切と思います。

この辺りは徹底して自分の得意分野、差別化を意識して、行きましょう。
それがあるので、ブログ、SNS、ステップメール、顧客開発、セミナー、商品販売などへ展開していくのが
昨今のネットビジネスです。

この辺りも情報交換して行ければ面白いかと思っています。

いかがでしょうか?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

文章ってどうしたらうまくなるんですかね?
文章力はビジネスにおいて、最も重要でお金になるスキルです。昔、怖い上司に耳がタコになるほどいわれました。 

例えば、ブログ一つとっても書き方や伝え方で読む方は惹きつけられたり、離れていったり、それはまるで波のように、気持ちが寄せて返すものだとおもいます。

更に考えていくと、説明するとき、メールで想いを伝えるとき、ビジネスにおいて正しく文章を残すとき、場面によってその記載方法は異なります。

私の例ですが、
思い返せば、若い時はあまり考えてなかったなぁっということです。

そして、こうやって培って来た文章力によって、ビジネスにおける様々な面で得をしていることを実感している。そこで本日は、私が実際に使っている文章テクニックを3つをご紹介します。

プロの文章に限りなく近くなること必達なので、あたなもどんどん活用してください。


1.反応率の高いタイトルの傾向は何だ!!

何が一番大切かというのは、以前にもブログに書きましたが、タイトルです。
タイトルをみて8割以上の閲覧者が内容を読むか決めています。 

反応率の高いタイトルの3つの型

a.「得」になる:これは最も安定して効果を見こめると思います。相手の立場になってベネフィットを伝えるようにしましょう。

b. ニュースやイベントに便乗:ニュース性が高いタイトルや有名なイベントに関連したものも読者の興味を惹きやすいです。

c. 好奇心をそそる:ここは難しいところですが、人の趣味や大切にしていることにフィットした時に爆発的な効果があります。
あなたがタイトルをつける時は、この3つのことをベースにオリジナリティあふれる言葉を紡いで頂きたいと思います。


2.書き出しを良くすることと小さな共通項を積み上げていく

タイトルの次に重要なのが、出だしの文章です。読み出しで3行読んでしまえば、だいたい最後まで読んでもらえるでしょう。
そのつかみとして書き出しは大切です。

書き出しで効果が出る方法として考えられるのが、意表をつく書き出しに限ると思います。

幾つか例を挙げると

例1)
普通:今日は雨が降ってとても寒い日だね。
意表:冷たい雨がポツリと頭に!!今日って今年一番寒い日?スマホで今日の気温を確認したら、2℃だった。

例2)
普通:祝!!バレンタインデーのチョコ14個もらった
意表:かばんに入らないほどのチョコ、、、どうももって帰ろうか?今日はバレンタインデー。とても良い日だった。こんなにチョコもらったら、お返し大変だなぁ。

幾つかあつと思いますが、意表をつく、面白い書き出しを見つけてください。


もう一つ小さな共通項を積み重ねるですが、文章を構成する上で、納得感が非常に大切と考えています。

AはBだね。
BはCだね。
AはCだね。

みたいな小さなYesを組み合わせていくことで、ユーザに安心感や納得感を得られる内容にしていっていきましょう。


3.2つの文章チャックの方法で完成度をUPさせる

文章を書いたら、必ず文章をチェックする癖を付けてるようにしましょう。文章チェックをしていく上でのとても効率的な方法は以下の2つです。

a. 書いた文章の量を半分ぐらいを目指して凝縮する。

b. 自分以外の人にチェックをしてもらう。

はじめから良い文章を書こうとせず、少しづつ思いのまま言葉を書き出し、ライティングを向上させる方法を参考にコンパクトに止めていく方法が継続する上でも良いように思います。

いかがでしょうか?いろいろ奥深いですね。良い文章を書くのではなく、良いパターンを研究して、パターンを複数持つやり方が良いようにおもます。


何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
   
20160208_095046_534
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

GoogleFeedApiテスト

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

いいこと思いつきました。
 
Facebookでページがシェアされたときに表示される内容を指定する「OGP(Open Graph Protocol)」はとてもユーザを呼びこむのに効果的と最近思います。

当然、ページのHTMLで指定も可能です。


OGP画像の役割はとにかくクリックしてもらう事です。
og:imageで指定する画像の縦横サイズです。


Facebookの公式情報では、こののように書かれています。

高解像度のデバイスで画像をよく表示するには、1200ピクセル×630ピクセル以上のサイズの画像を使ってください。現状では、600ピクセル×315ピクセル以上の大さの画像使う必要があります。

400ピクセル以上であれば確実に大きく表示できるってことですかね?


そうするとポイントになってくることが、
・高画質であること
・OGP用の画像を作成すること
でしょうね。

ちまちまSEO対策するよりもインパクトの有る画像で人をひきつけ、クリックして頂く。
これですね。これでしょう。これでいんじゃないでしょうか??

少し重いけど、こういうのもあるので使ってください。
opgimange-1


og:imageの例として

プロパティからパラメータをいじる場合:
og:image:url - Identical to og:image.
og:image:secure_url - An alternate url to use if the webpage requires HTTPS.
og:image:type - A MIME type for this image.
og:image:width - The number of pixels wide.
og:image:height - The number of pixels high.

HTMLでフルサイズ画像を表示する場合:
<meta property="og:image" content="http://hogehoge.jp/ogp.jpg" />
<meta property="og:image:secure_url" content="https://secure.hogehoge.jp/ogp.jpg" />
<meta property="og:image:type" content="image/jpeg" />
<meta property="og:image:width" content="400" />
<meta property="og:image:height" content="300" />

ビデオの場合:
<meta property="og:video" content="http://hogehoge.jp/movie.swf" />
<meta property="og:video:secure_url" content="https://secure.hogehoge.jp/movie.swf" />
<meta property="og:video:type" content="application/x-shockwave-flash" />
<meta property="og:video:width" content="400" />
<meta property="og:video:height" content="300" />

オーディオの場合:
<meta property="og:audio" content="http://hogehoge.jp/sound.mp3" />
<meta property="og:audio:secure_url" content="https://secure.hogehoge.jp/sound.mp3" />
<meta property="og:audio:type" content="audio/mpeg" />

いかがでしょうか?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
   
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ