ココモブログ(株式会社ココモマネジメント)

マネジメントのプロを目指す組織・チーム・プロジェクトに対して、ITの観点から支援するあなたを応援しています。フレームワークだけでなく、感性も大切だと思う方、一緒に新しい挑戦をしましょう。PM(プロジェクトマネジメントやPMP)のプロしか知らない情報やノウハウやマネジメントのプロが持っているマインドをこのブログを通して配信しています。ぜひ、ご活用ください。

カテゴリ: SEO対策

ココモマネジメントです。

WEB事業も一旦、総まとめということで、CSS設計に必要な考えをまとめておきたいと思います。
今後は、WEB制作の現場で活用できるプロジェクトマネジメント標準化への取り組みで、この分野に貢献していきたいと思います。 


さて、良いCSS設計にするための大方針として、
Googleのエンジニア:フリップ・ウォルトン氏(@philwalton)より、次のことを気を付けてCSSを設計するようにという意見が出ています。
  • 予測しやすい
  • 再利用しやすい
  • 保守しやすい
  • 拡張しやすい

ごもっともな内容ですので、特に触れなくてもいいとは思います。

CSSを使うときには、設計及びルールが必要です。また、そのベースとなる考え方、フレームワークもいくつかあります。


よくないCSSの利用として挙げられるのが、次です。

  • クラス定義を一旦終えてから、ある特定のケースのためだけにクラス定義を変更すること

  • 複雑なセレクタの利用 
     
  • 一般的なクラス名は重複しやすい
  • 1つのツールにまとめすぎない。細分化されていない。

コンポーネント設計の概念的なもので
CSS設計に利用できます。


1.OOCSS(Object Oriented CSS)

オブジェクト指向のスタイルシートのこと。

【特徴】
・パフォーマンス
・再利用性
・メンテナンス性


OOCSSが発表されたときは、CSSの実装について以下のような問題を抱えていたようです。

  • 各ページごとに固有のCSSが存在
     
  • IDセレクタを用いて再利用性がない
     
  • サイト運用するとCSSがどんどん肥大化
     
  • 他サイトへの転用が難しい(設計思想がなかった)

OOCSSはこの2つの考えがベースになっています。
  • Separate structure and skin(構造と見た目の分離)
     
  • Separate container and content(コンテナと内容の分離)



2.BEM(ベム)

Block、Element、Modifierの略称で、CSSの構成をこの3つにカテゴライズし、カテゴリにそったクラス名をつける方法。
 
【特徴】 
・メンテナンス性
・チームのスケーラビリティ
・再利用性

クラス名は「_」を含め、長くなる傾向にあります。
  • Block: 各パーツ(ヘッダー・フッター・コンテンツエリア・サイドバーなど)のもとになる部分。
  • Element: Blockの構成要素で、Block名の後にクラス名を含める。
  • Modifier: 基本のレイアウトは一緒だが、見た目や動きをつけたい場合に利用。
                    クラス名には、Block名の後に名前(name)と値(value)をつける。


3.SMACSS(スマックス)

Scalable and Modular Architecture for CSSの略称。

【特徴】 
・コードの軽量化
・メンテナンス性
・チームのスケーラビリティ

基本的な概念はBEMと同じで、CSSの構成を5つのカテゴリに分ける。
(ベース・レイアウト・モジュール・状態・テーマ)

  • ベース
サイト全体でデフォルトスタイルを定義
もしくは、CSSリセットもベースルールに含まれる。
IDやクラスは使わず、要素自体にスタイルを割り当てる。

  • レイアウト
ヘッダー・フッター・コンテンツエリア・サイドバーなど大枠の構成に対してのルール。
IDを使って指定するのもあり。
ページのエリア分けることが望ましい。
 
クラス名の接頭辞に「layout-*」をつけることを推奨

  • モジュール
レイアウト以外の構成要素は大体モジュールとして捉える。(ボタン・見出し等)
「module-*」をつけることを推奨

  • 状態
モジュールの状態を表すルール
クラス名の接頭辞に「is-*」をつけることを推奨

  • テーマ
テーマを切り替える機能が必要な場合のみ利用
クラス名の接頭辞に「theme-*」をつけることを推奨

カテゴライズが多くなる傾向ではあるが、長いクラス名はなくなります。


いかがでしょうか?


何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  






 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

久しぶりのSEO関連の投稿かもしれません。
 
昨今のGoogleのトレンドは、サイトを『ドメイン』単位で評価する傾向にあるようです。

ドメイン単位で評価されるということは、サイト全体で対策を行う必要があるということです。ターゲットページ以外のページを内部対策するということと同意です。

ドメイン単位の内部対策ポイントは以下があげられると思います。
  • タイトルの重複がないか
  • コンテンツの重複がないか
  • 内部リンク切れていないか
  • 内部リンクが一部に偏っていないか
  • シンプルな構造になっているか
  • 見やすいデザインで構成されているか

誠実にコンテンツを作ることが、ドメイン単位でのSEO対策では求められていると言っても過言ではありません。

Google関係者が言及する2016年に取り組むべきSEO対策の1つに「高品質コンテンツ」が紹介されてました。


◎2016年に取り組むべき対策
  • AMP(Accelerated Mobile Pages)
  • モバイフレンドリー
  • JavaScript
  • 高品質コンテンツ
  • ユーザー体験
プラスして
  • SSL対応

今年はモバイルの高速化とSSLへの対応がキモそうです。

いかがでしょうか?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
   

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

今までWEBライディング関連、SEO関連を中心にココモブログを展開してきました。
もちろん、それらは必要な要素で、何が当たるかわからない、鉄板法則のないこの頃では、
多くのオリジナルコンテンツを世に出していくことが非常に大切なことは変わりません。


ここで上がったオリジナルなコンテンツという部分ですが、マーケティングではポジショニング、
よくビジネスの中では差別化、バリューなどといいます。



このポジショニングや差別化という部分がとても大切になってきます。
もう一つ大切なのが実績を見せる、客の生の声を伝えるですが、これはまた後日話します。


ポジショニングや差別化、、、もっと簡単に言うと自分の持っている価値、人より勝るところはなんだろうか?
それを見つける、もしくは修練することにより、コンテンツの質やユーザも自然とついてくるように思います。

例をあげると
・自分は子供の頃から体が弱く、薬や体調管理のことに少し詳しい。

・小さい頃から音楽をやっていて、民族楽器が好き。民族楽器や誰も知らない国の文化に詳しい。

・世界中を旅している。その国のジャンクな食べ物に詳しい。



探していくと幾つかあがると思います。ないと思われる方も絶対あります。
もしかしたら、自分のやっている仕事は、自分ではわからないですが結構プロフェッショナルな場合が
多いです。

そういった知識と何か(流行っていることや読んだ本とか起こった出来事)とシナジーを発生させ、
ユーザ目線でコンテンツを発信していく。これが大切と思います。

この辺りは徹底して自分の得意分野、差別化を意識して、行きましょう。
それがあるので、ブログ、SNS、ステップメール、顧客開発、セミナー、商品販売などへ展開していくのが
昨今のネットビジネスです。

この辺りも情報交換して行ければ面白いかと思っています。

いかがでしょうか?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

いいこと思いつきました。
 
Facebookでページがシェアされたときに表示される内容を指定する「OGP(Open Graph Protocol)」はとてもユーザを呼びこむのに効果的と最近思います。

当然、ページのHTMLで指定も可能です。


OGP画像の役割はとにかくクリックしてもらう事です。
og:imageで指定する画像の縦横サイズです。


Facebookの公式情報では、こののように書かれています。

高解像度のデバイスで画像をよく表示するには、1200ピクセル×630ピクセル以上のサイズの画像を使ってください。現状では、600ピクセル×315ピクセル以上の大さの画像使う必要があります。

400ピクセル以上であれば確実に大きく表示できるってことですかね?


そうするとポイントになってくることが、
・高画質であること
・OGP用の画像を作成すること
でしょうね。

ちまちまSEO対策するよりもインパクトの有る画像で人をひきつけ、クリックして頂く。
これですね。これでしょう。これでいんじゃないでしょうか??

少し重いけど、こういうのもあるので使ってください。
opgimange-1


og:imageの例として

プロパティからパラメータをいじる場合:
og:image:url - Identical to og:image.
og:image:secure_url - An alternate url to use if the webpage requires HTTPS.
og:image:type - A MIME type for this image.
og:image:width - The number of pixels wide.
og:image:height - The number of pixels high.

HTMLでフルサイズ画像を表示する場合:
<meta property="og:image" content="http://hogehoge.jp/ogp.jpg" />
<meta property="og:image:secure_url" content="https://secure.hogehoge.jp/ogp.jpg" />
<meta property="og:image:type" content="image/jpeg" />
<meta property="og:image:width" content="400" />
<meta property="og:image:height" content="300" />

ビデオの場合:
<meta property="og:video" content="http://hogehoge.jp/movie.swf" />
<meta property="og:video:secure_url" content="https://secure.hogehoge.jp/movie.swf" />
<meta property="og:video:type" content="application/x-shockwave-flash" />
<meta property="og:video:width" content="400" />
<meta property="og:video:height" content="300" />

オーディオの場合:
<meta property="og:audio" content="http://hogehoge.jp/sound.mp3" />
<meta property="og:audio:secure_url" content="https://secure.hogehoge.jp/sound.mp3" />
<meta property="og:audio:type" content="audio/mpeg" />

いかがでしょうか?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
   
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote


サテライトブログってまだ効果あるの?あるの?あるの?あるの?

ココモマネジメントです。

最近SEO対策というかWEBの集荷客UPの仕事をしている際、時々話題にあがります。 
2014年ぐらいに流行ったワードですが、サテライトブログって今も有効なの?
ってところがみなさんの知りたいところと思います。

少し今後積極的にやって結果をフィードバックしたいと思います。

既にSEOで外部対策はあまり意味をなさいないという話もありつつ、それなりに評価されるケースも有るという話も聞かないわけでもない。有料のコンサルを受けても結構ランクキングは上がらないという話も聞きます。

・まず最も重要なのは「リンク元の分散」ですかね?
・しっかりしたコンテンツづくりですかね?
・メインのブログを頻繁に更新すること?
・ドメイン取得やIPアドレンスのレンジ?
・ソーシャルから被リンク?

Googleさんどうなんでしょうか?w
これ全部やればいいのでしょうか?w

ここに来ていただいた方は、SEOに興味を持っている方だと思います。
ココモにアドバイスください(突然アドバイスを求めるw)。

ココモマネジメントではクライアントの意向も踏まえ、トータル的にWEB戦略をアドバイスしています。
ご興味のあなたはお問い合わせください。

--------------------------------------------------------------- 

そもそもサテライトブログって?

2014年ぐらいに流行ったワードですが、ブログを使ったリンクを自分で作ったブログなどに貼り付けることをサテライトブログといいます。

ここに関連する言葉として、被リンクという言葉があり、外部のWEBサイトから自分のWEBサイトに向けてリンクしてもらうことを示しています。
#逆に外部のサイトに向けてリンクするのは、発リンクといいます。

--------------------------------------------------------------- 
 
無題

s


いかがでしょうか?いろいろ奥深く闇に生い茂っています。

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
  
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

冬らしい冬を忘れそうな今日このごろですが、いかがお過ごしですか?
今日は冬らしく内にこもった話をして行きたいと思います。

SEO対策にある内部対策と外部対策ですが、よく重要だと言われる内部対策となります。

SEOでいう内部対策でよく出るのは、タイトル、h1タグ、メタタグをしっかり書き込みましょうです。

このような基本的にしっかりHTMLを書きましょうをいうところについては、過去の投稿でも書かれているとおりです。

今回注目するのはもう少し小ネタではあるが、効果が期待されるところのご紹介です。


1.記事のはじめの方に重要なキーワードを詰め込む
     検索に表示されるのも初めのほうなので100字以内にメインになるキーワードを埋め込んでください。

2.URLにキーワードを埋め込む

     短いキーワードになるとは思いますが、URLに検索してほしいキーワードをつけることが
     検索のヒット率も上がると考えています。キーワードは3つぐらいに絞ったほうが効果は増すと思います。

3.サイトの滞在時間を長くする
     サイト内滞在時間と直帰率という部分も検索順位を決定する一つの大きな要因と言われています。
     こちらは、画像や動画を利用する、長い文章を書くこと、図などを差し込むなど、辿り着いたWEBページで
     少し遊んでいって頂けるようなコンテンツを入れておくことをおすすめします。

4.リンクへの埋め込みとリンク切れ0を目標に

     内部リンクを埋め込むことで直帰率が低くなる傾向にあります。リンク切れは基本NGですのでないように
     してください。

5.外部サイトとのリンク
     運営しているWEBページと関連したサイトへリンクを貼って頂く要望を出すことが出来ます。
     ここはラーメン屋が並ぶとどの店もそこそこ繁盛するではないですが、情報を求めているユーザは
     いろいろなWEBページを比較しながら見ていく傾向があるようです。

6.ページ読み込み速度
     ページ読み込み速度は早いに越したことがありません。この部分はソーシャルへの連携なども踏まえ、
     適切なものを試行錯誤してください。画像も最適化できるように工夫が必要です。

7.コンテンツ量
     コンテンツ量が実は一番大切です。世の中で何が注目されるかははっきり言ってわかりません。
     そういう観点からもいろいろな視点で、オリジナリティあふれるWEBサイト、ブログ、SNSを展開して
     ください。


いかがでしょうか?

これを地道にやって頂ければ、あなたの目標も一段と洗練されるかと思います。何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

「鬼は外、福は内」ということで外と内といえばSEOですねw  (マジか!!)

SEOの内部対策と外部対策という言葉はよく出てくるキーワードなので、
覚えておいて頂ければと思います。

ふと、朝の電車に乗っている時にJUST IDEAで思ったのですが、
最近、ココモの中で流行っている三国志とも相かぶり、いい例えと思い急遽号外へ。

ここでいう「内」というのはあなたのWEBページのコンテンツやWEBを構成する
あらゆるものとなります。こちらは誠実に充実させる必要があります。
三国志でいう国や統治している領土も戦いばかりでは国力は弱くなります。
十分な時間をかけ、地道な努力を継続する必要があるかと思います。

次に「外」ですが、ここは外部から信頼されるWEBページである必要があるかと
思います。これは更新頻度やオリジナリティある情報、経験などいろいろな要素が
ありますが、リンクを貼ってもらえるような、もしくはブックマークにとどめて
頂けるようなものであるといいかと思います。
更新方法はプレスでもいいと思いますし、ブログなどOWN MEDIAを使って発信するのが
いいでしょう。
三国志で言うなれば、天下三分の計ですかね。後は炎上させるタイプなのか、
地道に待つタイプなのか、人望に篤いタイプなのか・・・それとも天才軍師なのかw
(関係ないかもw)

そんなこんなでWEBページですが、されどWEBページ、、、今後もWEBに目がはなせませんw

そういうことで、2016年は南南東の方角を向いて食べますよ!
正しく言うと「丙(ひのえ)の方角 南微東」といい、南と南南東の間を指し、ほぼ南南東を向いて食べるということになります。
 
これブリトーだとダメかなぁ?


何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで  
   


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

2016年になり約1ヶ月が経ちました。新たな目標を立てられた方もそうでない方もおられるとは思いますが、1ヶ月を振り返り、今後の未来をあなたにとって良いと思える日々に変えていきたいものです。

今日はSEOのキーワード選定について考えて行きたいと思います。

SEO対策のキーワード選定は新年の目標と同じようなもので【目標】【方向性】にあたると思います。
ここの選択がアクセス数に影響するというのは多くあるWEBサイトで書かれている通りかと思います。

・質の高いコンテンツを描くこと
・正しくHTMLを書くこと
が突き詰めた解にはなっていくのですが、、、、

ただ、ブログでアクセスを集めたいだけであれば、ツイッターや検索ランキングなどでワードを見つけ、そこに自分らしさやためになることを+1することである程度は望みは叶うと思いますが、自分の思いや考えを伝える中で、適切なキーワードを見つけるのは結構難しいです。

※【GKPハック(Google Keyword Planner Hack)】を行う必要がある。
    あなたの市場で使用されている適切なキーワードを探す。
    あなたのライバルが知らない競争度が低く、
コンバージョンが高いキーワードを探す。 

Google Adwords キーワードプランナーを利用

ここで、参考になるポイントをご紹介したいと思います。

・ WEBサイトにあった代名詞になるキーワードの選出
・ 代表的なキーワードに紐づく一般的なキーワードを選出
・ 具体的な表現を表すキーワードを選出

例を挙げると、SEO対策がもっとも上位に来る代表的なキーワードであれば、
「SEO対策 集客UP テクニック」のようにメインのキーワードにプラスし、検索ヒット率を上げるようなキーワードを選定していきます。

キーワードの選定に役に立つコンテンツですが、
・ 同様のブログ記事
・ ウィキペディア
・ はてなブックマーク
・ Yahoo知恵袋などのQ&Aサイト

いかがでしょうか?キーワードは永遠のテーマになると思いますので、アクセス解析の結果と照らしあわせて、定期的に変えていくこともいいかと思います。

これを使って頂ければ、あなたのブログも一段と希望に満ちた日々の楽しみを得られると思います。

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで
    
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

今日は「アクセスを10倍上げるための数字の利用」ということで、ここ最近10倍何って小さい数字で表現したものって少ない感じもしますが、地道に行っていくということで、お付き合いください。

まず、ブログでもSNSでもなんでもいいのですが、いくつかアクセスを上げるポイントがあると幾つかのブログやサイト運営でわかってきています。

まず、

「タイトル」
ですが、WEBサイトのタイトルを数字を含んだものにすると、閲覧者のクリックする衝動を掻き立てる。

「イントロダクション」
簡単な説明を冒頭にするだけで、読みやすさが向上し、満足感を向上できる。

「シェア」
SNSや思い切って2chであるとか、記事をシェアすることで情報が拡散します。

「画像」
記事に画像を使用する

「コンテンツ量」
コンテンツは長いほうが良いようです。イントロダクション、時事ネタなども加え、いっぱい書いてください。

「投稿時間」
投稿時間は多くの人の行動に合わせて投稿するのがいいでしょう。朝、昼前、夕方以降です。
1日1回なら夕方以降が良いと思います。シェアをされる時間は大凡朝8時から深夜ぐらいと思いますので、その間であればシェアなどもきたいできるでしょう。

「コンテンツ内容」
コンテンツの書き方は別のところでも書きましたが、簡単に表現すると実践的にできることが良いと思います。
しかも「◯◯を成功させるための3つの方法」など、数字で表現するとよりわかりやすいものとなります。

いかがでしょうか?

これを守って頂ければ、あなたのブログも一段と希望に満ちた日々の楽しみを得られると思います。

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで
   
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日もSEO対策ネタです。ココモマネジメントです。

SEO対策をよく知っている人は、PR(ページランク)という言葉や、DA(ドメインオーソリティ)というのを見聞きしたことがあるでしょう。
 

PRは、Googleが決めている指標です。サイトのドメインの重要度を10段階で評価しています。

秘密でもなんでもなく、Googleの特許を取っているので、その内容は誰でも知ることができます。


DAは、そのWebサイトが検索エンジンでの順位においてどの程度良く評価されるかを表す指標の1つ。SEOmozが提唱する用語です。

こんな言葉を聞いてもちんぷんかんぷんです。

結局成功とは日々のオリジナルコンテンツの投稿と販売への導線でしょう。
それを引き出すのが集客アップであり、コンテンツ更新の効果を日々Google Analyticsで観察することが大切です。人気のあるコンテンツが何のかをよく見極めることがキモでしょう。

いかがでしょうか?

これを守って頂ければ、あなたのブログも一段と希望に満ちた日々の楽しみを得られると思います。

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで
  
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ