ココモブログ(株式会社ココモマネジメント)

マネジメントのプロを目指す組織・チーム・プロジェクトに対して、ITの観点から支援するあなたを応援しています。フレームワークだけでなく、感性も大切だと思う方、一緒に新しい挑戦をしましょう。PM(プロジェクトマネジメントやPMP)のプロしか知らない情報やノウハウやマネジメントのプロが持っているマインドをこのブログを通して配信しています。ぜひ、ご活用ください。

おはようございます。ココモマネジメントです。

WEBページで商品やサービスを紹介されることが多いと思います。
そこからどのように販売に結びつけていくという部分ですが、何かのきっかけを作るところが
最もキモになると考えています。それが簡単に分かれば苦労はしないのですが、
多くの方が日々頭をひねらせておられるのではないでしょうか?

広告を出すなど幾つか方法はあるかと思いますが、最近簡単かつ効果的だと思っている
やり方があります。あなたにとって当たり前と思われることかもしれませんが、
一度、ご自身のWEBなどのコンテンツを見てみてください。

それは、
1. 顧客の生の声を出せているか

2. 過去の実績を数値で示しているか

3. わかりやすい図で商品やサービスの説明が完結している


私も経験ベースですので、本当に必要な物はユーザに会って聞くというのが鉄則です。
 
あなたにとっての本当のバリューはお客様の生の声ではないでしょうか?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFacebookのココモマネジメント(ココモブログ(株式会社ココモマネジメント))まで

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

こんにちは。理論と感性を実践に活かしたプロのマネジメントを支援する会社ココモマネジメントです。

今日もあなたのキャリアをどのように育てていくかというところについて、話がしたいなぁと思います。

最近、キャリアプランのご相談を受けることが非常に多くなってきています。
あなたにとっても気になるところと思います。

あなたは大人になって何か大きな変化をされたでしょうか?
変わったという方もおられるでしょうし、子供のころから変わらないよという方もおられると思います。

案外、キャリアプランを考えるときに子供の頃からの体験がポイントになることは前回のブログでご紹介しました。あなたにとって少し心の痛むところかもしれませんが、そういった少しほろ苦い記憶を上手に使うことがキャリアプランを見つめるのにとても重要と思います。

確かに過去を振り返えるだけでは物足りません。幾つかの体験を結びつけ、点と点を線に、線と線を結び何かの形にしていくことが必要です。

そこでココモマネジメントでは、あなたの大切な価値観を知る切っ掛けに、自分の物語を作ることをおすすめしています。「私が大切にすること」や「少しだけ世界が変えられるならどんな世界がいいか」など物語を描くことによってオモイだけのビジョンを映像化するところまで可能だと考えます。まずは3分のMy Storyを書いて見ましょう。

あなたにとってのストーリーをあなたの心にたずねてみませんか?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFacebookのココモマネジメント(ココモブログ(株式会社ココモマネジメント))まで



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

こんにちは。理論と感性を実践に活かしたプロのマネジメントを支援する会社ココモマネジメントです。

今日はキャリアをどのように育てていくかというところについて、あなたと話がしたいなぁと思います。

最近、キャリアプランのご相談を受けることが非常に多くなってきています。
あなたにとっても気になるところと思います。

言い換えるとビジョンとともいえますが、最も大切なのはビジョンを明確にすることとそれが必ずできるのだと信じることだと思います。実際、自分と照らしあわせてもそう言えると思います。

ビジョンを考えるときに大切なことがあります。
それは、

1. 過去の自分を見つめなおし、大事なことを振り返る

2. 人生の中で涙したこと、つらい思いをしたこと、何かを乗り切った経験からその原動力になったものがなんであったのかを考える

このような振り返りより自分が心の根に持つ、本当に大切なことを探り出せるのではないかとおもいます。
自分で難しければ、誰かに聞いて見るのもいいかと思います。

私の経験ですと、昔、歌を作っていました時がありました。その際、歌詩を書く際、そういうことを思い出し、自分の大切なこと、もっとも伝えたい事を少しずつ知っていたように思います。

あなたにとってのビジョンをあなたの心にたずねてみませんか?

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFacebookのココモマネジメント(ココモブログ(株式会社ココモマネジメント))まで


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

Googleで検索をしたときに、より上位に検索されることで配信した記事の閲覧数をふやしたいと皆さん思いますよね?

ウェブサイト製作において、良く耳にする「SEO対策」。詳細はよくわかっていないというのが事実でもあり、時々仕様が変更されることもあるSEOですが、どのように向き合っていけばいいでしょうか?

今日はそれをまとめておこうと思います。

SEO対策に重要なことといううと「title」、「meta description」、「h1」というあたりのHTMLタグは、非常に重要な役割を果たします。
特に「title」に必要なキーワードが入っていなければ、ほぼ検索結果に現れることはないでしょう。

それぞれの機能を説明していきたいと思います。

title
「ページの題名」になります。検索結果やブラウザのタイトルバーに表示されます。

【特徴】
・検索エンジンが最重要視する要素。ここにキーワードが入っていないとほぼ検索結果にあらわれて来ません。
・検索結果には最大全角34文字程度が表示され、残りは省略される(GoogleのWeb表示では30文字程度)
・検索されたキーワードは検索結果上で太字になる
・使用するキーワード(言葉の選定が重要)

meta description
検索エンジン向けの「ページの概要説明」になります。

【特徴】
・検索結果には最大全角120文字程度が表示される(スマホは50文字程度。ただしデバイスなどにより異なる)
・検索キーワードは太字になる
・順位向上そのものには大きく影響はしない
・各ページで異なる内容を設定しましょう。

h1タグ
h1は「大見出し」となります。

【特徴】
・検索順位に比較的強く影響する。
・HTML5以前の記述ルールでは、1ページに設定できるh1タグは1つのみ


meta keywords
【特徴】
・meta keywordsはGoogleの検索エンジンでサポートされていません。
・Yahoo!JAPANはGoogleの検索エンジンを使用しているため、日本の検索の9割以上、Googleの検索エンジンのランク付けに従っています。
・他の検索エンジンでmeta keywordsを使用するものも存在しますが、苦労して設定しなくてもほぼ問題はないでしょう。
・不意なGoogleの仕様変更対策に入れておくレベルで良いと思います。


まとめると
・検索にヒットさせたいキーワードを必ず含めること
・各ページ、異なる文言を入れること
・丁寧にウェブページを作成すること


いかがでしょうか?これを守って頂ければ、あなたの記事の検索順位が上がり、閲覧数が増えると思います。何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFacebookのココモマネジメント(ココモブログ(株式会社ココモマネジメント))まで
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ココモマネジメントです。

ブログの閲覧数が伸びないという話をよく聞きます。幾つか原因があるかと思いますが、多くは配信数がそもそも少ないということが多いように感じます。

マーケティング的な考えで10000人にSALE(声がけ)して、1000人が興味を持ち、100人が顧客になっていくという一般的な法則があるかとおもいますので、多くの方にブログなど配信したものを見てもらえるほうが、認知度や何かを販売されている場合でも優位にビジネスが行えると思います。

今日は「ブログ購読を増やす3つのテクニック」ということでまとめてみました。あなたの心に届くといいなぁ~。

 
1. トレンドに合わせた内容

自分の思いを綴るのも良いが、人気ある話題に触れることやその内容について投稿する方が購読者を増やす要因となります。ニュースサイトやTwitterのトレンドなどをみて記事の方向性を考えることが重要
 
2. 最低1日1回

可能な限り投稿することをおすすめします。下手な博打数撃ちゃ当たるではないですが、鉄板の成功する方程式はありません。何かあったときに検索にヒットしたり、Yahooなどの記事をまとめるポータルサイトで取り上げられたりした時に、閲覧数は大きく伸びます。
 
3. 朝、昼、寝る前の決まった時間に

記事が読まれるタイミングは、朝の電車に載っている時、昼休みのご飯の後、後は寝るまでの時間が多いと思いますので、この時間に合わせて投稿をします。
 

いかがでしょうか?これを守って頂ければ、あなたのブログも一段と閲覧数が増えると思います。何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFacebookのココモマネジメント(ココモブログ(株式会社ココモマネジメント))まで
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ